メインメニュー
学校紹介
生徒の活動
福祉系高等学校
PTA・同窓会

      自然災害時及び警報発令時対応について
                                         

                                          川之石高等学校

1 自宅にいる場合(登校前)


 (1)  南予地方(北部)に「特別警報、暴風警報、暴風雪警報」が発令している時は、

   登校せず自宅待機とする。
 

 (2)  正午(12時)までに、「特別警報、暴風警報、暴風雪警報」が解除された場合は、

   危険や無理を避けて安全確保の上登校する。
 

 (3)  正午(12時)までに、「特別警報、暴風警報、暴風雪警報」が解除されない場合は、

   継続して自宅待機とし、自宅学習とする。


 (4)  「特別警報、暴風警報、暴風雪警報」以外の「警報」(例:大雨洪水警報や波浪警報など)

   及び「注意報」の場合は、安全に十分配慮して登校する。


 (5)  バス等の公共交通機関によって通学している生徒は、その交通機関が運行していない

   場合は、原則公欠扱いとなる。交通機関の運行開始まで自宅待機とし、運行開始後、登校する。


 (6)  自転車や徒歩で通学している生徒は、雨風とも強く、通学が危険であると判断した場合は、

   自宅待機とする。(やむを得ない状況と判断される場合は、公欠扱いとする。)


 (7)  代替の交通手段(保護者の運転する自動車等)で学校に来ることのできる生徒は、

   下校時の気象状況や下校方法についても十分考慮した上で、登校可能と判断した場合は

   登校する。


2 学校にいる場合(登校後)

(1)  南予地方(北部)に「特別警報、暴風警報、暴風雪警報」が発令した場合は、

  状況を判断し、学校長が指示を出す。

(2)  生徒が帰宅したかどうかの確認を必ず行う。

〈留意事項〉
 ※ 学校の電話は、緊急連絡用に確保する必要があるため、電話での問い合わせは御遠慮ください。
 ※ 休業日の部活動や補習・模擬試験についても開校日と同様の対応とします。
 ※ 本校のホームページでも、可能な限り緊急連絡としてお知らせする予定です。
 ※ こちらよりPDF形式でダウンロードできます。→ ここをクリック

Powered by XOOPS Cube 2.0 c 2005-2006 The XOOPS Project    Theme designed by OCEAN-NET
copyright © 2009 愛媛県立川之石高等学校